国内最大級の賃貸物件数

賃貸物件を探すとき、物件数が多いほうがより条件に合った物件を探しやすいですよね。独自のネットワークで多くの物件を管理する不動産業界ですが、なかでも物件数の最も多いのがアパマンショップグループなのです。

■店舗数の多さが物件数の多さにつながっている

アパマンショップは店舗のほとんどがフランチャイズとなっているため、店舗数の多さがそのまま加盟している不動産業者の多さにつながっています。加盟している業者が多くなればなるほど、取り扱う物件の数も増えていくということになります。

また、アパマンショップは各地域の地元で有力な不動産業者を加盟店としていることもあり、多くの物件を管理することができているようです。もちろん、全ての物件に関して、どの店舗からの検索も可能になっているので、わざわざ引越し先の不動産業者に出向くことなく物件探しが可能になります。

■ネットで手軽に物件探し

賃貸物件を探す場合、インターネットを利用してどこからでも好きなときに検索することができます。これは、どの不動産業者でも同様なのですが、より多くの物件情報があるほうが、目的とする物件を探しやすくなります。また、検索方法によっても探しやすいというのもあるのではないでしょうか。

アパマンショップの場合、おまかせ物件リクエストといった検索方法があり、簡単な条件と氏名、連絡先を入力するだけで、メールや電話で物件の情報を知らせてくれます。自分で探す手間も省けますし、かなりお手軽と言えそうです。

こういった不動産のIT化はグループの代表でもある創業者の大村浩次氏が以前から研究を重ねていたもので、現在も様々な不動産に関するITのサービスを開発しているようです。

■創業は1999年

アパマンショップの創業は、1999年で株式会社アパマンショップネットワークとして大村浩次氏が創業しています。不動産の賃貸におけるフランチャイズは業界としては後発にあたるのですが、大村浩次氏がフランチャイズの研究を行っていたということもあり、現在では業界でもトップの店舗数を誇る会社となっています。

47都道府県はどこにも店舗があるのはもちろんですが、海外にまで進出しています。全店舗数では1000を超える店舗数となっており、いくらフランチャイズ形式といっても、他のフランチャイズ展開を行っている不動産業者で1000を超える店舗をもつ業者は他にないのです。

多くの物件の中からいつでも手軽に探すことができるのは、忙しい人にとってはかなり便利な機能であると言えます。しかし、内見を行うには現地に行く必要があるので、候補が多くなってしまった場合、短時間で回れるように店舗の担当者と相談して効率よく内見を行う必要がありそうです。