アパマンショップの物件検索

アパマンショップといえば、後発ながらも業界でもトップの店舗数を持ち、知らない人はいないくらいなのではないでしょうか。多くの業者で物件のネット検索が可能になっていますが、アパマンショップは少し変わった検索ができるようです。

■こだわり特集による検索

物件探しと言えば、地域や駅を指定して検索するのが一般的です。表示方法もリスト形式もあれば、地図を表示し、地図上の物件をクリックすることで情報を表示します。多くの検索サイトで行われている方法です。

アパマンショップでは、こだわり特集から検索といったものがあります。先に条件を指定しておいて検索するようになっています。例えば、保証人不要であったり、ペット可であったり、楽器相談可であったりといった感じです。
こだわり条件がリンクとなっており、以降は通常の検索と大きな違いはありませんが、条件を後で確認する必要がないので、物件探しは楽になりそうです。

■チャットによる部屋探し

アパマンショップではチャットde簡単!お部屋さがしといったLINEアプリがあり、これを使用しての物件検索も可能になっています。スマートフォンやLINEの普及度を考えれば、面白い取り組みであると言えるのではないでしょうか。

LINEを普段から活用している人であれば簡単に操作ができそうです。まずは、アプリのインストールですが、アパマンショップの公式サイトにQRコードが公開されているので、これを使用してダウンロードが可能です。

自分で物件探しをすることもできますが、公式キャラクターである「べあ~君」がサポートしてくれる機能もあるようです。地域情報なども表示可能なので、WEBでの検索とはまた異なる物件探しができそうです。

■アパマンは不動産のIT化にも力を入れている

いろいろな物件探しが可能になっているアパマンですが、これは創業前からの研究のひとつなのかもしれません。社長である大村浩次氏は、創業前にFCやIT化についての研究を行っています。多くの不動産業者がITを導入しさまざまな機能が使えるのですが、アパマンのものは他社と同じような部分もありますが、全体的に機能が多いようです。

これは、グループ内にIT企業があることが影響しているのではないでしょうか。他業種と比べるとIT化が遅れていた不動産業界のことをいち早くIT化に向かわせたのが大村浩次氏なのかもしれません。

現在もAPAMAN株式会社でグループ全体の方向性を打ち出しているのが大村浩次氏なのです。

従来の物件探しは、現地の店舗を訪問したりと大変でしたが、現在はいつでもどこでも物件探しが可能となっています。自宅で物件探しは当たり前となっているので、あとは、いかに企業ごとの特色を打ち出せるか。また、利用者がより簡単に目的とする物件を探すことができるかといった点で、機能が進化していくのかもしれません。