店舗での物件探しはもう古い?

引越しをする場合、従来の方法としては引越し先の不動産業者で物件を紹介してもらうというのが一般的でした。しかし、現在は、わざわざ引越し先でなくても、また、店舗ではなく自宅にいながら物件探しをすることができるのです。

■物件はネットで検索の時代

今までは引越し先の物件探しは、不動産業者で条件を指定して、それに合った物件をいくつか紹介してもらい、その中から選んでいたと思います。しかし、現在は不動産業界もIT化が進んでおり、物件の情報もデータベースとなり、公開された情報に関してはインターネットを通じて検索することが可能になっています。

地域や最寄り駅を選択し、物件のリストが表示されその物件を選択することで詳細を確認することができます。もちろん、地図を表示し、地図上に表示される物件から選択することも可能になっています。

これなら、忙しい人でもちょっとした時間の合間に物件探しをすることができそうです。

■不動産業界のIT化

多くの企業でIT化が行われてきたにも関わらず、不動産業界のIT化は遅れていた部分もあり、まだこれからの部分も残っています。その不動産業界のIT化にいち早く注力してきたのが大村浩次氏です。

大村浩次氏が誰なのかというと、アパマンショップを運営する株式会社アパマンショップネットワークを創業した人であり、現APAMAN株式会社の社長でもあるのです。

APAMAN株式会社の社長・大村浩次

アパマンショップを始める前から、IT化やフランチャイズ運営に関して研究をしており、そのIT化の研究が今の物件の検索システムや物件のデータベース化にも活かされているのではないでしょうか。

■扱う物件の多いアパマンショップ

物件の検索で重要なのは扱う物件の多さではないでしょうか。どんな物件なのかという情報も大切ですが、まずは、候補が多くなくてはなりません。フランチャイズ経営の場合は、多くの異なる不動産会社の集まりとなるため、自社物件以外の多くの物件の情報が集まります。

大村浩次氏が率いるアパマンショップはフランチャイズに関して力を入れていることもあり、加盟している不動産業者の数も多く、店舗数も国内でトップとなっています。それだけ多くの物件を扱っているため、様々な地域の物件も多く、地域を絞っての物件も多くなるのではないでしょうか。

検索結果を元に、扱っている店舗に連絡して、内見等の相談をするのですが、電話が一番ですが、LINEやメール等でも相談可能となっています。

不動産業界のIT化によって、物件探しの形も変わってきています。ですが、固有物件で非公開のものもあるので、直接店舗で紹介してもらう必要があるものもあります。主流は変わりつつありますが、従来の方法がなくなるわけではなさそうです。